父さんはひとごろし 8話ネタバレ【事件の担当検事を脅す戸叶】漫画 結末 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回も

 

【父さんはひとごろし】

 

のネタバレを書いていきます。

 

 

【コミックフェスタ】だけの

独占配信です!

 


登録しないで簡単に無料で読める

試し読みあるので読んでみてください。

 

 

↓ コミックフェスタ公式 ↓

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

 

⇒前回ネタバレはこちら

 

 

8話ネタバレ「触れてはいけない過去」

野崎の持っている

犯人の手がかりだという

写真を見た駿は

手が震えるほど動揺していた。

 

 

「コレは・・・

本物なの?」

と写真ついて野崎に

質問をする駿。

 

 

すると野崎は

「犯人は人気者だった

当然女のファンもいた

それはその1人・・・

当時同じクラスだった

ウチのお袋が撮った写真だ」

と駿に答える。

 

 

その瞬間

駿は全身の毛穴が開いたかのように

大量の汗が噴き出してくる・・・

 

 

野崎は駿に近付き

「なぁ駿

・・・こんなに似てるんだ

犯人はお前の身内なんだろ?

頼むよ・・・

会わせてくれ

俺は・・・

サイコパスに会いたいんだ

と迫ってくるのだった・・・

 

 

その頃

居酒屋で1人で飲んでいる男に

「お隣良いですか?」

と声をかける人物がいた。

 

 

それは

あの記者の戸叶だった。

 

 

居酒屋の外では車に乗って

カメラマンが待機していた。

 

 

戸叶は現在は検事正になっている

あの事件の担当検事を脅して

立場と人脈で情報を

引っ張らせようとしていたのだった。

 

 

カメラマンは嫌々ながら

戸叶に協力をしていた。

 

 

同じ時

駿は今まで起きたことを

思い出しながら帰宅していた。

 

 

(まだ疑惑で

全部確証ではない・・・)

 

 

(それならば

このまま忘れてしまった方が

良いのではないか)

と駿は考えていた。

 

 

そして帰宅した駿は

思い切って母親に聞いてみる・・・

 

 

本編の続きと

無料試し読みはこちらからできます。

 

 

↓ コミックフェスタ公式 ↓

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

 

⇒ネタバレ続きはこちら