父さんはひとごろし 10話ネタバレ【茉莉の部屋で抱きしめ合う2人はその後・・・】漫画 結末 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回は

 

【父さんはひとごろし】

 

のネタバレ続きを書いていきます。

 

 

【コミックフェスタ】だけの

独占配信です!

 


登録しないで簡単に無料で読める

試し読みあるので読んでみてください。

 

 

↓ コミックフェスタ公式 ↓

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

 

⇒前回ネタバレはこちら

 

 

10話ネタバレ「羨ましい家族」

駿は茉莉の部屋にいた。

 

 

両親に恐怖を感じた駿は

家に帰れるような精神状態

ではなかった。

 

 

茉莉は駿のそんな変化に

気付いていて

駿の母親から来た電話にも

駿は送った後すぐ帰ったから

どこにいるか知らないと

答えてくれていた。

 

 

「すごく心配なの・・・」

と駿を心配する茉莉は

「お願い

何かあったなら話してよ

私は駿の彼女なんだよ」

と駿に言う。

 

 

すると駿は

これまでのいきさつを

茉莉に話すのだった。

 

 

父親に対して

「確かめるのが怖いよ・・・」

と今まで心に秘めたものが溢れ出て

涙を流しながら言う駿。

 

 

それを聞いた茉莉は

「私ね

駿の家が羨ましいんだ」

と離婚して父親がいないし

母親は仕事でいつもいないから

家族一緒の駿の家が

とても良い家族で羨ましいという。

 

 

そして

「きっと駿を1番に考えてるから

出来ることだよ」

とそんな父親と

1度ちゃんと向き合おうと言う茉莉。

 

 

それを聞いた駿は

落ち着きを取り戻し茉莉と抱きしめ合う。

 

 

そして・・・

 

 

本編の続きと

無料試し読みはこちらからできます。

 

 

↓ コミックフェスタ公式 ↓

ComicFesta:【一般】父さんはひとごろし【フルカラー】.ver1.2.1

 

 

⇒ネタバレ続きはこちら