【映画版のラスト】映画版ミュージアムあらすじネタバレ感想

↑ ↑ 画像クリックで無料試し読み ↑ ↑

 

OLちなつです。

 

映画公開嬉しい!!

 

映画が公開された

【ミュージアム】

見てきたので記事にします!

 


 

漫画版は

無料で試し読みできますので

読んでみてください!

 

 

【スマホ】はこちらから

【ミュージアム】で検索

⇒まんが王国

 

 

【PC】はこちらから

【ミュージアム】で検索

⇒ebookjapan

 

 

 

映画版ミュージアム

映画版のラスト


雨の日に次々と起こる

なんともおぞましい

殺人事件・・・

 

事件現場に慣れている

警察官が見ても

気分が悪くなるような

殺害方法・・・

 

殺害現場に残されている

謎のメッセージから

警察は一連の殺人事件が

計画的で

同一犯による犯行だと

予想するのですが

その捜査線上で

浮かび上がったのは

過去に裁判員裁判が

行われた別の事件でした。

 

しかし

その犯人とされた男性は

裁判員裁判で判決が下った後に

自殺をしています。

 

何者かによる復讐かもしれない・・・

 

もしくは

その事件は冤罪だったのか・・・

 

と警察は捜査を続けます。

 

被害にあった人たちの共通点は

その過去の裁判に

裁判員として参加していた人たち。

 

そこで

警察に衝撃が走りました!

 

残された裁判員には

小栗さん演じる警視庁捜査一課の

沢村巡査部長の

奥さんがいたのです。

 

犯人は何度も

沢村との接触を試みます。

 

とても奇怪で挑発的な

 

カエル男。

 

彼は自分のことを

 

アーティスト

 

だと考えこれまでの殺人を

 

自分の作品

 

だと考えています。

 

そう・・・

 

過去に起きた事件は

このカエル男が

 

犯人

 

で彼は彼の作品を

自分のものではなく

他の人間のものと

見間違った人々に

 

 

を与えるために

この殺人事件を

繰り返していたのでした・・・

 

沢村は妻と息子を守るため

犯人を執念で探し出そうとし

どうにか犯人の正体と

居場所を突き止めます。

 

沢村とカエル男の

直接対決!

 

犯人は巧妙に

沢村に苦痛を与え

その上沢村一家を

 

破滅

 

に導こうとします。

 

なぜ犯人はこうなってしまったのか?

 

なぜこの猟奇殺人は

決まっていつも雨の日なのか?

 

カエル男は

過去に両親を殺人事件で亡くしており

彼はそのストレスから

深刻な皮膚病にかかります。

 

そう・・・

彼の異常な行動は

過去に彼に降りかかった

出来事から来ていたのでした。

 

懸命に戦った沢村一家は

無事に犯人の手を逃れ

犯人は逮捕されてしまいます。

 

病気で警察病院に入院した

犯人の元に

彼の唯一の家族である姉が訪れ

彼女の手によって

この猟奇殺人と

犯人のストーリー全てに

終止符を打たれました・・・

 

全編を通して

カエル男の迫り来る恐怖が描かれていて

常に

 

ハラハラ

ドキドキ

 

させられる映画です。

 

映画全体や

カエル男の世界観の描き方が

かなり秀逸で

ぐっとその世界に引き寄せられる

そんな映画です。

 

 

そして最後の最後・・・

 

映画版も

ハッピーエンドでは

終わらないんですね・・・

 

映画版のラストと

漫画版のラストは

違います!

 

その違いは

是非自身で

確かめてもらいたいです。

 

漫画版はこちらから

試し読みできます。

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

【スマホ】はこちらから

【ミュージアム】で検索

⇒まんが王国

 

 

【PC】はこちらから

【ミュージアム】で検索

⇒ebookjapan

 

 

↓ ↓ 画像クリックでも試し読みできます ↓ ↓

 

 

 

こちらも読まれています

コメントを残す