【母親を毒殺】パーフェクトヒューマン 第7話ネタバレ 画像 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回も

【パーフェクトヒューマン】

を記事にしていきます。

 


無料試し読みもありますので

興味ある人は先に読んでみてください。

 

 

⇒まんが王国で試し読み

 

【パーフェクト】で検索

現在「まんが王国」だけの

先行配信です

 

 

⇒6話ネタバレはこちら

 

 

パーフェクトヒューマン第7話ネタバレ

世間で話題になっている帝大生ボクサー

世良優人の父親は

とあるホテルで女性に会っていた。

 

その女性は世良の父親に

お願いごとをしていた。

 

女性と父親は昔

付き合っていて

ある日

捨てられた子猫達を拾って

一緒に育てた。

 

今でも子猫達は

父親の所に居るのだが

別れる時にもう会わないという

約束をしていた。

 

しかし

会いたくなったと

お願いをしてきたのだ。

 

しぶしぶそのお願いを

了承する父親だが

何かを企んでいるような

顔をしている・・・

 

その話を盗聴していた

浦辺と平田。

 

平田は

何も収穫なかったと言うが

浦辺は

世良の父親が女性に弱みを

握られているということ

子猫達は飼ってなくて

弱みの事を例えているということと

その子猫達というのは

世良のことではないか

と結構収穫があったと言う。

 

ある夜・・・

 

父親は世良優人たちに

「なつかしい人を

お連れしたぞ」

と世良たちが住んでいる家に

あの女性を連れてくる。

 

その女性に

「恵ちゃん!!?

どうしたの急に!?」

と言うシロに

「ちょっと見ない間に

こんなたくましくなっちゃって」

と声をかける女性。

 

その女性は

世良優人たち全員に声をかけるが

幼い頃からの顔馴染のようだった。

 

世良の父親は

「再会を祝して

特別な1本を開けてやるよ」

と言って

世良たちの生まれた年の

1本約150万のロマネを持ってきて

全員で乾杯をする。

 

その頃

浦辺と平田はパソコンで

あの女性のことを調べていた。

 

そして浦辺は見つけたと言い

女性のデータを詳しく確認する。

 

女性は

園山恵(そのやまめぐみ)といい

元帝都大学病院の看護師で

世良の父親が帝大病院に

勤めていた頃の元同僚であった。

 

ちょうど世良優人が生まれた年から

中学を出る頃までの期間に

恵と世良の父親は

過疎の島の診療所に派遣されていた。

 

浦辺は

過疎の島で拾った子猫達を

人知れず育てるにはピッタリ

だと考えて

まずは恵を徹底的に

調べることにする。

 

同じ頃

世良の家では

恵を中心に世良たちが

昔話に花を咲かせていた。

 

しかしその時・・・

 

恵は急に苦しみ出して

吐血をして白目をむき

床に倒れ込んでしまう・・・

 

その様子を見ていたシロは

 

「嘘でしょ!!?

恵ちゃん!!?」

 

と涙を流し取り乱す・・・

 

すると世良の父親は

シロをどかして

恵を引きずって部屋の外に行く。

 

どうやら

シロ以外は

この計画を知っていたのだ!

 

つまり・・・

 

恵に毒を

飲ませたのだった!

 

するとシロは

「こんな事するなんて

聞いてないぞ!!

何て事をするんだ!!

彼女は僕らの

親みたいなもん

じゃないか!!!」

とアカの胸ぐらを掴み

大声で叫ぶ!

 

するとクロは

「お前のハンパぶりは

もうウンザリなんだよ

ついでにコイツも

殺っちまおぅぜ」

とシロの首を

後ろから腕で押さえる。

 

「もう今までとは注目度が違う

これからは興味や好意の目

だけでなく

疑いの目や妬みの目も向けられる」

と言うアカ。

 

「ここからは小さなミスが

命取りとなる

恵は我々の秘密を知る唯一の他人

消すべきでしょう」

とアオは言い

世良たちの野望のためには

どんなことでもすると言う。

 

「シロが改心する気がないなら

殺すのもいたしかたない」

というモモ。

 

するとアカはシロに言う。

 

「残念だよシロ・・・

ずっと一緒だと思ってたのに

お前はもう

忘れちまったんだな・・・

5人で1人を誓い合った

あの日の事を・・・」

 

 

 

※以上で1巻収録話は終了です。

また続きが出たらネタバレ

したいと思います。

 

 

本編続きと

試し読みはこちらからできます。

 

 

⇒まんが王国で試し読み

 

【パーフェクト】で検索

現在「まんが王国」だけの

先行配信です

 

 

 

コメントを残す