バグバグバグッ 1話ネタバレ【巨大セミの正体は!?】漫画 結末 画像 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回は

 

【バグバグバグッ】

 

のネタバレをしていきます。

 


登録なしで簡単に読める無料試し読み

ありますので読んでみてください。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【バグバグバグッ】で検索

 

※コミックフェスタ限定作品です

 

 

⇒前回記事はこちらです

 

 

1話「前触れはいつも冗談みたいに」ネタバレ

4月だというのにうだるような暑さ。

 

 

それは蚊がたっぷりと血を吸うほど

元気があるところからもわかり

異常気象のせいだった。

 

 

テレビではその異常気象のせいか

人間サイズの巨大蟲

が出現したと特集していた。

 

 

主人公の朽木晃は

毎朝幼なじみの渡辺穂乃花に

寝坊しないように起こされて

一緒に登校していた。

 

 

2人を見かけて晃の親友の

富永一樹が

付き合ってるとからかうが

晃も穂乃花も否定する。

 

 

しかし穂乃花は顔を赤くしていて

内心は晃に好意がある様子。

 

 

そしてその日の授業中

 

「ミィィ~ン」

 

とセミの大きな泣き声が聞こえて

まだ4月なのにセミがいるのかと

珍しがって晃のクラスの生徒たちが

窓の外を見てみると

それはセミではなくて

セミのように木にしがみついて

鳴いている男子生徒がいた。

 

 

暑さで

頭がおかしくなったのではと

生徒たちが噂する中

晃は窓の外に

美しい蝶を見つけて目で追うと

目線の先のグランドには

美しい女性が立っていて・・・

 

 

本編の続きと無料試し読みは

こちらからできます。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【バグバグバグッ】で検索

 

※コミックフェスタ限定作品です

 

 

⇒2話ネタバレはこちら