父さんはひとごろし 1話ネタバレ【幸せ噛みしめる○学生の初エッチ】漫画 結末 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回は

 

【父さんはひとごろし】

 

のネタバレ書きます。

 

 

【コミックフェスタ】だけの

独占配信です!

 


登録しないで簡単に無料で読める

試し読みあるので読んでみてください。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【父さんはひとごろし】で検索

 

 

⇒前回記事はこちら

 

 

1話ネタバレ「14歳の初体験、夏のはじまり。」

暑い夏の日中・・・

 

 

主人公・中山駿は

その彼女・百瀬茉莉

の部屋に居た。

 

 

「んっ

んっ

あ」

 

 

ベッドで裸で抱き合う2人は

必死で初体験をしていた。

 

 

気持ち良いとかはわからないが

駿の14歳の夏は

幸せの実感と共に始まった。

 

 

大人になった駿

父親と母親の待つ自宅に帰る。

 

 

「コラ!駿遅いぞ

何やってたんだ?」

と父親に怒られるが

とてもじゃないが

初体験をしていたとは言えない駿は

部活帰りに話し込んで

遅くなったと話す。

 

 

駿のウチでは

晩ご飯は家族揃ってというのが

決まりだったのだ。

 

 

リビングで晩ご飯を食べ始めた

駿と両親はテレビで放送されていた

「関東少女5人連続殺人事件」・・・

 

 

通称

 

「目潰し連続殺人事件」

 

の特集番組を見ていた。

 

 

その事件は25年前のことで

犯人は当時14歳の少年で

後の少年法の改定に繋がり

日本にシリアルキラーと言う言葉を

認知させた戦後最悪と言われる

少年犯罪だった。

 

 

その特集番組を

食い入るように見る父親は

異常な行動をしていた!!

 

 

それは・・・

 

 

本編の続きと

無料試し読みはこちらからできます。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【父さんはひとごろし】で検索

 

 

⇒ネタバレ続きはこちら