父さんはひとごろし 4話ネタバレ【目をえぐられた唯一の生き残り】漫画 結末 無料試し読み

こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

今回も

 

【父さんはひとごろし】

 

のネタバレ書いていきます。

 

 

【コミックフェスタ】だけの

独占配信です!

 


登録しないで簡単に無料で読める

試し読みあるので読んでみてください。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【父さんはひとごろし】で検索

 

 

⇒前回ネタバレはこちら

 

 

4話ネタバレ「あんなのは父さんじゃない。」

藪の中

猫の惨殺体に興奮し

自慰行為をしている父親

の後ろ姿を見た駿・・・

 

 

 

『父さん・・・

何やってるんだよっ!!』

 

 

その姿を見てショックを受ける

駿は自宅に戻ると

晩ご飯も食べずに自室にこもる。

 

 

(あれは

本当にあった

ことだったのか・・・?)

 

 

休みの日には部活の大会を見に来たり

水族館に連れて行ってもらったりと

子煩悩な父親との思い出を

思い浮かべて困惑する駿。

 

 

その時!

 

 

コンコン

 

 

部屋をノックする音に

驚く駿・・・

 

 

ノックをしたのは父親だった。

 

 

駿に大丈夫かと

心配して声をかけてくる声は

いつも通りの優しい父親だった。

 

 

父親の自慰行為が本当か見間違いなのか

確かめたい駿はドアを開けて

何故あの藪にいたのか

直接父親に質問する。

 

 

すると父親は

「晩ご飯は家族揃ってという

決まりを父親が破ったら

示しがつかねぇから

近道したんだよ」

と答える。

 

 

その答えに

ますますわからなくなる駿・・・

 

 

同じころ

あるファミリーレストランでは

記者の戸叶沙江子が

女性と会っていた。

 

 

その女性の名は園部真希といい

 

目潰し連続殺人事件の

被害者で

唯一の生き残り

 

だった。

 

 

本編の続きと

無料試し読みはこちらからできます。

 

 

⇒コミックフェスタ公式

【父さんはひとごろし】で検索

 

 

⇒ネタバレ続きはこちら