こんにちは。

 

 

OLちなつです。

 

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】

42話を読んだのでネタバレします。

 

 

ネタバレ前にまだ読んだことない人は

無料試し読みしてみてください。

 

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】と検索してください

 

 

 

 

監禁嬢 第42話「蛍」ネタバレ

文未乃のことを思い出した裕行は

麻希にある出来事を話す。

 

 

それは文未乃を誘って

2人だけで蛍を見に行った時のこと。

 

 

裕行は住んでいた男子寮の先輩から

蛍がキレイだと聞き

大学の裏山に来ていた。

 

 

見渡す限り

蛍の光で埋め尽くされた景色と

一緒に見に行った文未乃に

背筋が凍るほどの感動をした

裕行。

 

 

その帰り道

天気予報に反して

土砂降りの雨になり

ずぶ濡れ状態の裕行と文未乃。

 

 

Tシャツが濡れて透ける文未乃の

下着に目が行ってしまう裕行。

 

 

体を拭くタオルは貸せると

文未乃を部屋に誘う裕行。

 

 

裕行の部屋で

タオルを借りて髪の毛を拭く文未乃は

借してくれるTシャツに着替えるために

電気を消す。

 

 

暗闇の中

濡れているTシャツを脱ぐ文未乃。

 

 

その時

雷が光り

一瞬部屋の中が明るくなる。

 

 

すると離れていたはずの文未乃が

裕行の目の前に移動していた。

 

 

次の瞬間!

 

 

文未乃はベッドに座っていた裕行に

強引にキスをして

そのまま押し倒す。

 

 

そして

裕行の手を取り

下着の自分の胸を触らせると・・・

 

 

 

無料試し読みはこちら

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】で検索を

 

 

 

 

 

おすすめの記事