こんにちは。

 

OLちなつです。

 

 

今回は

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】

 

46話を読んだのでネタバレします。

 

 

ネタバレ前にまだ読んだことない人は

無料試し読みから読んでください。

 

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】で検索

 

 

 

 

監禁嬢 6巻 第46話「捏造」ネタバレ

文未乃の古本屋の裏口にいたのは

カコだった!

 

 

カコは文未乃の父親を監禁して

文未乃に自分の言う通りにするよう

脅していたのだった。

 

 

その内容とは

裕行に嘘の話しをすること。

 

 

つまり

裕行が文未乃をレイプした

という話はカコの作り話だった。

 

 

裕行が文未乃の嘘話を信じたのは

構成的想起という

偽りの記憶を言葉や会話によって

誘導して想起させるというものを

利用したからだった。

 

 

その時

裕行は麻希が待っていた

ファミレスにやって来ていた。

 

 

麻希に

文未乃をレイプしたという話をした

裕行は

「過去の自分が信用できない

自分が忘れた何かがいるんだ

過去の自分の中に」

と言うと

麻希に

「怖いだろ?

もう東京帰れよ」

と続けて話をする。

 

 

すると麻希の口からは

裕行を勇気づける言葉が

発せられた・・・

 

 

 

本編と無料試し読みは

↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】で検索

 

 

 

 

おすすめの記事