こんにちは。

 

OLちなつです。

 

 

今回は

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】

 

47話を読んだのでネタバレします。

 

 

ネタバレ前にまだ読んだことない人は

無料試し読みから読んでください。

 

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】で検索

 

 

 

 

監禁嬢 6巻 第47話「赤提灯」ネタバレ

文未乃から

大学時代にレイプされたという

嘘の過去を聞き

自分自身が信じられなくなった裕行は

夜1人で大阪の街を

さまよっていた。

 

 

自分がどこを歩いているのかも

わからないほど自暴自棄になる裕行

 

 

もはやカコを思い出すことにも

意味を見出せない。

 

 

思い出したところで

教職に復帰できたり

家族が帰ってきたりするのか

わからない状況の中

もう何もかも

どうでもいいと思っていた。

 

 

そんな時

小さな寂れた居酒屋を見つけ

立ち寄ってみる裕行。

 

 

中には

オーナーの年配男性と

お客の年配女性がいた。

 

 

年配女性に促され

一緒に飲むことになった裕行は

別居していることを

つい話してしまう。

 

 

話をすることで

勇気付けられた裕行は

その帰り道

カコよりもまず向合わないと

いけないことに気付き

行動をする。

 

 

「もしもし・・・

美沙子

ちゃんと会って

話さないか・・・?」

 

 

同じ頃

カコと共に父親の監禁場所に

来ていた文未乃。

 

 

文未乃の後ろに立つ

カコの手には

スタンガンが

握られていた・・・!

 

 

 

本編と無料試し読みは

↓ ↓ ↓

 

⇒まんが王国で無料試し読み

【監禁嬢】で検索

 

 

 

 

おすすめの記事